桑名商工会議所青年部規約

第1章 総  則

(名 称)

 第1条 本青年部の名称は、桑名商工会議所青年部とする。

(事務所)

 第2条 本青年部の事務所は、桑名商工会議所に置く。

(目 的)

 第3条 本青年部は、会員相互の親睦と連携を密にし、青年経営者・青年指導者としての能力開発に努め、桑名商工会議所(以下「商工会議所」という。)の事業活動への参加と協力を通して地域内の商工業の振興を図り、兼ねて、青年経済人としての立場から、ふるさと桑名の総合的発展に資することを目的とする。

(事 業)

第4条 本青年部は、第3条の目的を達成するため、次に掲げる事業を行う。

(1)   会員相互の親睦と連携を密にするための事業を行う。

(2)   常に会員の拡大に努め、本青年部の組織強化を図る。

(3)   青年経済人としての能力・指導力を開発する。

(4)   地域の総合的な発展を目的として、青年部としての意見を会頭に上申すると共に、必要に応じて関係方面に具申し、又は建議する。

(5)   商工会議所等の諮問に応じて答申する。

(6)   商工業に関する情報および資料の収集を行う。

(7)   本青年部の事業についての広報活動を行う。

(8)   前各号に定めるもののほか、第3条の目的を達成するために必要な事業を行う。

 

第2章 会  員

(会員の資格)

第5条 本青年部の会員は、商工会議所の会員事業所の経営者又はその後継者で、

加入を希望する年度当初において年齢45歳未満のものとする。

2 直前会長、出向者等やむを得ない事情により45歳を越えて会員の資格を得る者については、役員会の承認を得てその事由が終了するまで会員資格を有する。

3 卒業年度に顕著な活動を行った者(出向者や単会役員)は、会長の推薦により、役員会の承認を得て、会員資格を有する。

 

(加 入)

第6条 本青年部の会員となることを希望する者は、役員会の議決を経て所定の加入手続により、加入の申込みをしなければならない。

(会 費)

第7条 会費は、毎年所定の納期までに所定の会費を納入しなければならない。

   2 入会金及び会費の金額並びにその払込方法は、役員会の議決を経て別に定める。

(脱 退)

第8条 会員は、あらかじめ本青年部に脱退する旨を通知し、脱退することができる。

   2 会員は、次に掲げる理由によって脱退する。

(1)   本青年部の会員としての資格の喪失。ただし、年齢制限による場合は、その年齢に達した年度の末日において脱退する。

(2)   死亡

(3)   除名

   3 年度の途中で脱退しても、既納の会費は返還しない。

(除 名)

第9条 本青年部は、次の各号の1に該当する会員を会員総会の決議によって除名することができる。

(1)   長期間にわたって会費の納入その他会員としての義務を怠った会員

(2)   本青年部の体面を傷つけ、又はその目的の遂行に反する行為を行った会員

 

第3章 役  員

(役員)

第10条 本青年部に、次に掲げる役員を置く。

(1)   会長1名

(2)   副会長3名以上

(3)   理事15名以上

(4)   監事2名以上

(5)   直前会長1名

  2 役員は、会員総会において、会員のうちから選出し、又は解任する。

(役員の職務)

第11条 会長は、本青年部を代表し、会務を総理する。

  2 副会長は、会長を補佐し、あらかじめ会長の定める順位により、会長に事故があるときはその職務を代行し、会長が欠けたときはその職務を行う。

  3 理事は、会長及び副会長を補佐し、会務を処理する。

  4 監事は、本青年部の業務及び経理を監査し、その監査の結果を会員総会に報告する。

  5 直前会長は、役員会に出席義務を有し、経験にもとづき必要な助言をする。(年齢制限に達した場合も、後任が選出されるまでは、その任にあたる。)

(役員の任期)

第12条 役員の任期は、1年とする。ただし再任を妨げない。

   2 任期の満了又は辞任によって退任した役員は、後任者が就任するまで引き続きその職務を行うものとする。

   3 補欠で選任された役員の任期は、前任者の残任期間とする。

(相談役及び顧問)

第13条 本青年部に相談役および顧問を置くことができる。

   2 相談役は、第3条の目的を達成するために必要な重要事項について会長の諮問に応ずる。

   3 相談役は、直前会長を除く会長経験者及び学識経験のある者等のうちから会長が役員会の承認を得て委嘱する。

   4 相談役は、会長の要請によって役員会に出席し意見を述べることができる。

   5 第12条(任期)の規定は、相談役について準用する。

   6 顧問は、必要に応じて理事のうちから、会長が役員会の承認を得て委嘱する。

 

第4章 会員総会

(会員総会)

第14条 本青年部に会員総会を置く。

   2 会員総会は、通常会員総会及び臨時会員総会の2種とし、会長が招集する。

(会員総会の決議事項)

第15条 次に掲げる事項は、会員総会の議決を経なければならない。ただし、第4号に規定する事項は、会員総会の議決を経て、役員会に委任することができる。

(1)   規約の改正

(2)   会員及び特別会員の除名

(3)   役員の選任及び解任

(4)   事業計画及び収支予算の決定又は変更

(5)   決算関係書類の承認

(6)   前各号に定めるもののほか、本青年部の運営に関する重要事項

(会員総会の議長)

第16条 会員総会の議長は、会長をもって充てる。

(会員総会の議事)

第17条 会員総会は、総会員数の2分の1以上の出席がなければ議事を開き議決することができない。

   2 会員総会の議事は、出席者の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

   3 会員総会における会員の議決権及び選挙権は、各々1個とする。

   4 会員は、あらかじめ通知のあった事項につき、当該会員が記名押印した書面又は代理人をもって議決権又は選挙権を行使することができる。

   5 前項の規定により議決権又は選挙権を行使するものは出席者とみなす。

   6 第4項の代理人は、その代理権を証する書面を表決権を行う前に本青年部に提出しなければならない。

(会員総会の特別議決方法)

第18条 次に掲げる事項は、会員総会において出席者の3分の2以上の多数による決議を必要とする。

   (1)規約の変更

   (2)会員及び特別会員の除名

(報告義務)

第19条 会長は、会員総会において議決された事項を商工会議所会頭に報告しなければならない。

 

第5章 役員会

(役員会)

第20条 本青年部に役員会を置く。

   2 役員会は、会長、副会長、理事及び直前会長をもって組織する。

   3 監事は、役員会に出席して意見を述べることができる。

   4 役員会は、会長が必要あると認めるとき、これを招集する。

(役員会の決議事項)

第21条 次に掲げる事項は、役員会の議決を経なければならない。

    (1)会員総会に提案すべき事項

    (2)会員及び特別会員の加入の諾否'

    (3)委員会に関する事項

    (4)顧問及び相談役の委嘱の承認

    (5)本青年部の運営に関する事項

(準用規定)

第22条 第16条(議長)、第17条(4項、5項及び6項を除く。)(議事)及び第19条(報告義務)の規定は、役員会について準用する。

 

第6章 委員会

(委員会)

第23条 本青年部は、第3条の目的を達成するために必要な事項を調査、研究、協議又は実施するために、役員会の議決を経て委員会を置く。

   2 前項のほか、緊急で重要な事項に対応するために、役員会の議決を経て特別委員会を置くことができる。

(委員会の組織等)

第24条 委員会に委員長1名、副委員長1名以上及び委員若干名を置く。

   2 委員長、副委員長は理事のうちから、委員は、会員のうちから、会長が役員会の承認を得て委嘱する。

(委員会について必要な事項)

 第25条 前2条に規定するもののほか、委員会について必要な事項は、役員会の議決を経て別に定める。

 

第7章 会  計

(収  支)

第26条 本青年部の経費は、会費、補助費、寄附金その他の収支をもって充てる。

(会計年度)

第27条 本青年部の会計(事業)年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

 

第8章 雑  則

(細則への委任)

 第28条 本規約の運用、本青年部の運営及び事業の遂行に関し、細部にわたって規定の必要があると役員会が認めたときは、細則を設けてこれを規定することができる。

 

第9章 特別会員

(会員資格)

第29条 本青年部の特別会員は、商工会議所の会員事業所のうち、本青年部の卒業生で年度末において50歳以下の者とする。

(準用規定)

第30条 第6条(加入)、第7条(会費)、第8条(脱退)、第9条(除名)の規程は特別会員において準用する。

(決議及び特別議決)

第31条 特別会員は、会員総会の議決権を有しない。

 

附  則

 1.本規約は設立会員総会のあった日から施行する。

 2.本青年部の設立初年度(及び次年度)の事業計画又は収支予算は第15条の規定にかかわらず設立会員総会の定めるところによる。

 3.本青年部の設立当初の役員は、第10条の規定にかかわらず、別紙役員名のとおりとし、その任期は、設立役員総会のあった日から平成6年3月31日までとする。

 4.本青年部の設立当初の顧問及び相談役の任期等は会長がこれを特別に配慮する。

 5.本青年部の設立当初の会計年度は第27条の規定にかかわらず、設立会澗総会のあった日から平成6年3月31日までとする。

 

平成19年12月20日 第2章 会員    第5条(会員の資格)   一部改正

           第3章 役員    第10条(役員)     一部改正

                 第11条(役員の職務)  一部改正                   第13条(相談役及び顧問) 一部改正

                     第5章 役員会  第20条(役員会)        一部改正

平成22年11月16日 第9章 特別会員    第29条(会員資格)   一部改正

平成23年11月15日 第2章 会員    第5条(会員の資格)   一部改正

平成25年11月19日 第2章 会員  第5条(会員の資格) 一部改正

           第3章 役員  第10条(役員)  一部改正

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桑名商工会議所青年部運営細則

 

第1章 総  則

(趣 旨)

第1条 本細則は、本青年部の円滑な運営を図り、その目的達成を容易にするために桑名商工会議所青年部規約第28条に基づき、その必要な事項を定める。

(愛 称)

第2条 本青年部の愛称を(はまぐり)会とする。

  

第2章 会  員

(会員の資格)

第3条 規約第5条に定めた資格会員以外で、会員事業所の代表者が推薦した者であって、役員会が認めた者。ただし、年齢45歳以下の者に限る。なお、特別会員は規約29条に定めたものに限る

(加 入)

第4条 加入においては、現役の青年部会員2名の推薦者を必要とする。なお、特別会員となるものは必要としない。

(除 名)

第5条 除名が決議されたときは、推薦者2名が責任をもってこれを伝える。なお、特別会員は会長が責任をもってこれを伝える。

 

第3章 入  会

(入会申込)

第6条 入会申込には、次の事項を記載する。

    (1)氏名

    (2)生年月日

    (3)住所及びその電話番号

    (4)勤務先及びその役職名

    (5)勤務先所在地及びその電話番号、FAX番号

    (6)推薦者氏名

(入会推薦者)

第7条 会員として入会を希望する者の推薦者となることができる者は、会員として引続き1年以上在籍した者でなければならない。

   2 平成7年3月31日までは前項を適用しない。

 

第4章 会  費

(会 費)

第8条 会員は、入会に際し入会金、会費を、又毎年度、所定の納期日までに会費を、次の通り納入しなければならない。

   (1)入会金  5,000円

   (2)会 費 18,000円

   (3)入会年度の会費は、月割りとする。

 

  2 特別会員は毎年度所定の納期日までに会費を、次の通り納入しなければならない。

   (1)会費 6,000円

 

第5章 委員会及び例会

(委員会)

第9条 常設の委員会の数はおおむね6委員会前後とし、その事業方針は1年毎に役員会において決定する。

  2 緊急重要な課題等への対応に当たっては、特別委員会を設けることが出来る。

  3 特別委員会は、提言、運動の提案又は実施をもってその役割を終了する。

(委員長の職務)

第10条 委員長は、会長の示す基本方針にそって担当委員会の事業方針を立案し、委員会の運営及び事業の実施に当たる。

(委員会の事業)

第11条 事業の実施に当たっては、役員会の審議を必要とする。

(委員の任期)

第12条 委員の任期は役員と同じとする。

(例会と会員総会)

第13条 原則として年4回の例会を行う。なお、年度当初に会員総会を必要都度臨時総会を開催する

 

第6章 会  計

(会計区分)

第14条 本青年部の会計は、各事業年度毎に一般会計、特別会計の2種に区分して処理する。

   2 一般会計は通常の事業遂行に関する収支を経理する。

   3 特別会計は、一般会計で処理することが不適当と認められる特殊な事業に関する収支を事業別に経理する

 

第7章 管  理

(規約その他の書類の備付及び閲覧)

 第15条 会長は、規約その他の諸規則類、総会及び役員会の議事録、所定の事項を登載した会員名簿ならびに各委員会報告書を常に事務所に備え置かなければならない。

   2 会員は、前項の書類をいつでも閲覧することができる。

    会長は、正当な理由がないのに、これを拒むことが出来ない。

(総会議事録の記載事項)

第16条 総会の議事録には、次に掲げる事項を記載しなければらない。

    (1)開催の日時及び場所

    (2)会員の現在数及び出席会員の数

    (3)議事録作成者及び署名者

    (4)付議事項

    (5)議事の経過要領及び発言者の発言要旨

    (6)議決結果及び議決数

(役員会議事録の記載事項)

第17条 役員会の議事録には、次に掲げる事項を記載しなければならない。

    (1)開催の日時及び場所

    (2)役員の現在数及び出席役員の数

    (3)議事録作成者及び署名者

    (4)付議事項及び報告事項

    (5)議事の経過要領及び発言者の発言要旨

    (6)議決結果及び議決数

(会員名簿の記載事項)

第18条 第15条により備置する会員名簿に登録すべき事項は、次に掲げる事項とする。

   (1)氏名及び配偶者名

   (2)生年月日

   (3)住所及びその電話番号

   (4)勤務先及びその役職名

   (5)勤務先所在地及びその電話番号

   (6)勤務先事業内容

   (7)最終学歴

   (8)血液型

   (9)趣味、特技

   (10)本青年部への入会年月日、推薦者ならびに毎年度の役職及び委員会等の活動事項

(保存書類及び保存期間)

第19条 会長は、本青年部の業務に関連する次に掲げる書類を各指定の期間内、事務所に保存しなければならない。

   (l)規約及び細則

   (2)会員名簿

   (3)毎年度の事業計画及び収支予算ならびに事業報告、収支決算、貸借対照表及び財産目録

   (4)総会及び役員会の議事録

    (5)入会及び退会その他会員資格得喪に関する書類

    (6)会計に関する帳簿書類

    (7)出席記録に関する書類

    (8)各種の届出及び通知に関する書類

    (9)その他役員会の議決により保存を必要と認めた書類

  2 前項に規定する書類の保存期間は、第1号及び第2号については永久保存、第3号から第5号までの書類については10年間、第6号から第8号の書類については5年間、第9号の書類についてはその必要と認めた期間とする。

 

第8章 賞  罰

(褒 章)

第20条 会長は、本青年部の事業に関連して特に顕著と認められる功労のあった会員を、役員会の議決を経て褒章する。

   2 退任する会長には感謝状及び記念品を贈呈する。

 

第9章 慶弔見舞金

(慶弔見舞金)

第21条 会員及びその家族については,次に定める金額に相当する慶弔見舞金を贈る。

   (1)会員の結婚         10,000円

   (2)会員の疾病(入院1ヶ月以上)5,000円

   (3)会員の死亡     10,000円及び生花一対

   (4)家族の死亡(配偶者と1親等内の家族)

                5,000円及び生花一基

   2 前項名号のほか,会長が必要と認めたときは,前項名号に準じた範囲内でそのつど決定してこれを贈ることができる。但し、直後の役員会での報告を必要とする。

   3 特別会員については,次に定める金額に相当する慶弔見舞金を贈る。

   (1)会員の死亡     10,000円及び生花一対

 

第10章 役員の選任

(役員の選任)

第22条 役員改選期は、総会において本青年部の次期役員を選任し決定する。

(役員候補者の推薦)

第23条 役員会は、その選考により、次期の会長候補者1名を決定し、これをその選任のための総会に推薦する。

2  当該年度会長は、次期会長候補を役員会へ推薦することができる。

   3 副会長と監事は会長がこれを推薦し、役員会の承認を経て総会に推薦する。

   4 委員長と副委員長は会長と副会長がこれを推薦し、役員会の承認を経て総会に推薦する。

第11章 出向者の選任

(出向者の選任)

第24条 全国商工会議所青年部連合会(日本YEG)、東海ブロック商工会議所青年部連合会(東海ブロックYEG)、三重県商工会議所青年部連合会(三重県連YEG)への次期年度の出向者については、要請のあった当該年度会長がこれを推薦し、役員会の承認を得て出向者の選任とする。

 

第12章 雑  則

(役員会への委任)

第25条 本細則に定めるもののほか、本青年部の運営については、役員会が定める。

 

 

 

 

 

附  則 

平成19年12月20日

第3章  入 会 第7条(入会推薦者) 一部改正

    第4章  会 費 第8条(会 費) 一部改正

    第10章 役員の選任 第23条(役員の選任) 一部改正

第11章 出向者の選任 第23条(出向者の選任) 追加

平成22年1月19日

    第4章 会 費 第8条(会 費) 一部改正

平成22年10月9日

    第4章 会 費 第8条(会 費) 一部改正

    第9章 慶弔見舞金 第21条(慶弔見舞金) 一部改正